1. ホーム
  2. 腸内フローラ・腸内環境
  3. ≫ダノンビオヨーグルトで4つのおなかの不快が和らぐ?摂取量、選び方とは

ダノンビオヨーグルトで4つのおなかの不快が和らぐ?摂取量、選び方とは

見過ごしていませんか?
あなたのおなかの不快感!!

<代表的な4つの不快感>

◯過剰なガスの発生
◯ゴロゴロ感
◯おなかの張り
◯違和感


日本のヨーグルトで初めて

おなかの不快感をやわらげる

ことを表示することが可能になりました。

届出番号:A309

機能性関与成分名:ビフィズス菌BE80

「ダノンビオプレーン・加糖」には、ビフィズス菌BE80が含まれ、おかなの不快感をやわらげることが報告されています。

おなかの不快感とは

健康な人の日常生活で見られる下部消化管における過剰なガスの発生とおなかの張り、ゴロゴロ感や違和感の事です。

毎日の食生活にヨーグルトを摂り入れる食習慣で「おなかスッキリ」にすると生活や仕事にどういった影響が出るのでしょうか?

意外と見過ごせないことになります。

善玉菌を増やして腸内環境をスッキリ

女性が集まっていると自ずと女子会みたいで、いろんな話題にいきます。

その中で、最近多いのは、「おなかの不快感」についてです。

テレビでも、

◯腸内フローラを整える
◯腸活ダイエット

とか紹介されていますし、もともとお腹がドッサリしている人も多いですからね。

おなかを常にスッキリ保ちたい

と思っている情勢はほんとに多いと多みます。

最近、腸内環境が話題ですが、私たちのような動物にとっては、とても大切です。

基本的に、動物は食事をして栄養を吸収し、老廃物を体外に排出します。

ですからおなかの調子を整えることは健康的に生きていく上で重要なポイントです。

テレビだけでなく、最近は、医師や研究者の方も注目しており、高齢者施設などでは、乳酸菌の摂取を推奨しているところも増えています。

腸内環境は、腸内細菌のバランスの事です。

善玉菌:悪玉菌:日和見菌

2:1:7

このバランスが理想です。

現在の食生活や生活習慣だとかなり難しいと言えます。

食の欧米化にともなって、善玉菌が減り悪玉菌が増えている人が多くなる傾向にあります。

とは言え、食生活や生活習慣を改善することで腸内環境を整える事ができます。

野菜などに含まれる食物繊維が善玉菌を増やすのに有効で、悪玉菌を増やさないよう肉類を控えめにし、食物繊維をしっかり摂る食生活がオススメです。

もう一つ大事な事があります。

それは、善玉菌を補うのに有効なヨーグルトや発酵食品を毎日の食事のどこかに摂り入れる事です。

女性の中では、もう「ヨーグルト」は、定番化したものだと思います。

その中でも、今話題なのは、「ダノンビオ」です。

ダノンビオの食感は、すこしねっとりしていますが食べごたえがあって、味が好き、という人が多いです。

一般的なヨーグルトは1日300g摂取が推奨

ダノンビオヨーグルト

実は、300gって食べてみるとわかりますが結構な量です。

ダノンビオだと1カップ、75gですので、4カップを1日で食べないといけません。
上記の4つで300gです。

普通、1カップ!!

食べている人が多いと思います。

これを4カップは結構な量です・・・

なぜ、ヨーグルト300gが推奨されているのか、と言いますと、ビフィズス菌のような善玉菌を食べても、実は胃酸でかなりの菌が死滅します。

しっかりと腸まで届かないんです。

胃酸に強い高生存タイプのビフィズス菌を含む、機能性表示をしているダノンビオは、オススメです。

菌が生きたまま腸に届くので、少ない量でも大丈夫です。

食べる量が少ないと継続しやすいです。

食べる負担以外に、お金の負担も少なくてすみますからね。
あとは、買いに行く手間もあります。

自分に合うヨーグルトを選ぶ必要がある

ダノンビオヨーグルト

生きて腸まで届く

この言葉、良く聞きませんか?

胃酸は食べたものを消化し、悪い菌は殺してくれます。

同時、胃酸は強いものなので、いい菌も殺してしまいます。
でも、生きて腸まで届く、という意味は、胃酸にも強く生き続ける菌、という意味です。

ダノンビオに含まれている高生存なビフィズス菌もしっかりと腸まで届きます。

朝食は、大事、と良く言われますが、腸内細菌の観点からもかなり大事です。

ヨーグルトを朝食時に食べると食べたものの重みで胃が腸を刺激し、おなかの不快感をやわらげるチャンスになります。

スーパーやコンビニではいろんな種類のヨーグルトが並んでどれを買っていいか迷いますよね。

でも、実際、ビフィズス菌などの善玉菌は自分に合う、合わないがあります。

実際に食べて、ヨーグルトの機能としておなかの不快感がやわらぐかどうか、重要なポイントで、感じるしかありません。

まずは、2週間食べましょう。

食べ続けるためには、味の好み、価格も重要します。

味に変化をつけたいときもあると思うので、味の種類が豊富なヨーグルトを選ぶのも選択肢の一つです。

ダノンビオであれば、キウイフルーツ味、ドライフルーツ味など食物繊維の多いものやシリアルを加えて食べるのもオススメです。

善玉菌を補うのに有効なヨーグルトを継続する習慣を

ダノンビオヨーグルト

疲れた朝、忙しい朝、ドタバタしていると朝食をしっかり摂ることもできず。。。

ということもあると思いますが、そこでヨーグルトだけでもさっと食べれる習慣を見に付けましょう。

自然におなかを整えてくれます。

20代って無理がききますが、30代になってくると・・

それが、40代になってくるとホント実感します。

今の時代、1にも2にも健康が大事です。

まずは、3日続ける事。

よく3日坊主って言いますよね。
3日続くと、次は、3週間です。

歯磨きと同じように習慣化すると毎日食べないと、ああ〜今日食べなかった、と気持ち悪い感じがします。

ヨーグルトを少しずつでも食べ続けることで

「これがすっきり」

なんだ、と自分のおなかの状態を感覚的にわかる日がくると思います。

すっきり感は、自分にしかわかりません。

その状態を保つことでストレスが解消されて精神的にもすっきりしますし、体調面ではおなかの調子も良くなれば、まさに悩みもすっきり解消ですね。

人は、おなかが張る不快感があるだけでも仕事のパフォーマンスが低下します。

普段あまり意識しないおなかのことを、そうして少しでも意識して、良い食習慣を摂り入れることで生活や仕事の質を高めることにもつながっていきます。

腸内環境を整え、

おなかをスッキリ

保つと、生活や仕事にも直結して良い影響を及ぼすのは、体感としてよくわかる人が多いと思います。

自分の体調管理だけでなく、家族のことも。
小さい頃から子供の腸内環境を整えたり、高齢者の方が穏やかにすっきり過ごすためにもおなかがスッキリは大切な問題です。

毎日の食習慣にヨーグルトを摂り入れて、おなかの不快感がやわらぐか、試してみると毎日が違ってきますよ。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。