1. ホーム
  2. 腸内フローラ・腸内環境
  3. ≫腸を整えると現代病が解決?腸内細菌の11個の働きとは

腸を整えると現代病が解決?腸内細菌の11個の働きとは

Pocket

現代病ストレス

ここ数年でいろんな病気が増えてきました。

  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症
  • アレルギー性疾患
  • 関節リマ値
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病などの膠原病
  • ガン
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • うつ
  • 認知症

が代表的です。

アレルギー性疾患は、50年前は、1,000人に1人と言われるほどですが、今は、2人に1人。

日本人に死因トップになったガン。
3人に1人がガンでなくなっています。

医療は年々進歩しているはずなのに、どんどん病気が増えていきます。

こういった現代病が増えた一つの要因として、微生物との関係が指摘されています。

18世紀後半に起こった産業革命以降、都市は整備され、土や微生物と触れ合う機会はめっきりと減りました。

その後、農薬や食品添加物、化学薬品、抗菌グッズなどが増え、ますます微生物は排除されてきました。

それに伴い、現代病が増えていきました。

私たちの体は、細菌やウイルス、カビなどの微生物とかかわり、免疫をつけて丈夫になっていきます。

免疫とは

自分の体以外の物質を異物と判断し、排除する反応


最初にあげた現代病の多くは、この免疫異常によって起こっています。

そして、免疫異常を起こしている最大の要因は、微生物の減少、と言われています。

今話題をあつめている、腸内細菌、もその一つです。

人の腸には、1,000種類以上、1,000兆個以上の腸内細菌がいると言われています。

まるで、お花畑(フローラ)のようなので、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。

この腸内細菌の数は、どんどん減少しているとも言われています。

人間が作れない栄養素を作ってくれる!腸内細菌の11個の働き

これらの腸内細菌にはさまざまな働きがあることが、遺伝子解析などでわかっています。

腸内細菌は、今1番注目されている、と言っても過言ではありません。

1.病原菌の侵入を防ぐ

腸の常在菌には縄張りがあり、その縄張りにほかの菌は入ることができません。
有害な病原菌の侵入を排除する、強力なバリア機能があります。

2.食物の消化・吸収を助ける

食物を分解して、腸からの消化、吸収を助けます。

3.必要な栄養素を供給する

人間にはつくれない必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を作ります。

健康な人であれば、1ヶ月以上、水分とミネラルの摂取だけで断食を行っても大丈夫です。

これは、腸内細菌が必要な栄養素を作ってくれるからです。

4.有害物質を分解する

農薬、食品添加物、発がん物質、放射性物質など、あらゆる有害物質を分解し、無毒化してくれます。

5.免疫系を調節する

腸には全身の7割の免疫細胞が集まっていますが、その免疫細胞に指令を出しているんが腸内細菌です。

免疫系が活性化されれば、ガンや感染症を招きにくくなります。
また、免疫の異常を調節し、アレルギーなどの現代病の発病を防ぎます。

6.神経系や大脳活動を調節する

能にはセロトニン、ドーパミンなどの神経伝達物質があり、神経や精神をコントロールしていまs.

腸内細菌はこれらの神経伝達物質を合成し、その材料である前駆物質を能に送っています。

腸内細菌が元気であれば、能のセロトニンが増え、うつ症状なども改善します。

7.腸管運動を調節する

腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸が、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促し、便秘や下痢を予防します。

8.腸以外の臓器を活性化する

腸内細菌は肝臓や腎臓にも間接的に指令を送り、それらの臓器の働きを活性化しています。

9.脂質代謝を調節する

コレステロール値を下げたり、脂肪の吸収を抑えたりするなど、脂質代謝を調節します。
肥満を防いでくれます。

10.酵素やホルモンを活性化

酵素は、栄養素の分解、合成、解毒、代謝など、体内で起こる化学反応に必須です。

これがなくなったとき、寿命が尽きると言われています。

腸内細菌はこの酵素を活性化し、さまざまな化学反応をスムーズに進めます。

また、女性ホルモンなどのホルモンを作る働きもあります。

11.短鎖脂肪酸を作る

腸内細菌は、人が消化できない食物繊維を発酵させて短鎖脂肪酸を作ります。

この脂肪酸は、大腸の細胞のエネルギー減でありアルカリ性に傾きがちな腸内を酸性にしてくれます。

腸内が酸性になると、悪い菌が増えず、発がんも抑えられます。

短鎖脂肪酸は免疫を抑制する制御性T細胞(Tレグ)を増やし、アレルギーや膠原病を改善することがわかっています。

さらに、短鎖脂肪酸が作られる過程で、大量の水素が発生します。

この水素は、全身の病気や老化を招く活性酸素を消去してくれます。

このように、腸内細菌は、私たち人の体が正常に働くようにサポートしてくれていまs.

能やほかの臓器、免疫細胞まで支配している、全身の司令塔でもあります。

腸内細菌の状態が良いと現代病がかなりの部分で解決すると言われるほどです。

Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。