1. ホーム
  2. 腸内フローラ・腸内環境
  3. ≫腸内フローラは、精神ストレスとも関係あり?善玉菌などの働きと関係性とは

腸内フローラは、精神ストレスとも関係あり?善玉菌などの働きと関係性とは

Pocket

もう一つの臓器、と呼ばれる腸内フローラは、小宇宙

小宇宙

腸内には、バクテリアが100兆もいる、と言われてもなかなかピン!とこないですよね。

実際そのバクテリアたちは腸内でどういった活動をしているのでしょうか?

腸内は、別名、小宇宙と呼ばれています。

目に見えない小さいバクテリアが100〜500種類いると言われ、その数は100兆個。
重さに換算すると、1〜2kgになります。

それが私たちの消化器官です。

このバクテリアたちの様子を「フローラ(花畑)」と読んでいますが、ジャングルと例えて説明されています。

食うか食われるか、の食物連鎖の関係が腸内でも同じようになっているからです。
仲が良かったり悪かったり、食べ物を奪い合いしたり、そんな空間です。

腸内フローラは、人間だけでなく、魚や哺乳類も持っています。

人間は一人では生きていけない

腸内フローラを形成しているバクテリアたちは、実は重要な役割をしています。

人間や動物が自力では消化できないものを消化して栄養として吸収できるようにしてくれたり、ビタミンを作ってくれたり、悪い影響を与える悪玉菌が入ってきても、腸の中にいる間にやっつけてくれたり、体の免疫作用を助ける働きがあります。

今まで疎かに考えられていましたが、人間は、微生物やバクテリアと一緒に生きており、「共存して一緒に生きていく」とする考え方が浸透してきています。

精神的な不調も実は腸と関係がある!?

現代病ストレス

暴飲暴食して腸内フローラが弱ってくると、さまざまな不調が出てきて病気になる事が増えます。

また、精神的な不調や脳の病気にもバクテリアたちが弱っているから起こる、という事が明らかになってきています。

一方で体に合う、合わないバクテリアがいるため、それを体が選んでいることもわかっています。

疎かにしてきた腸内フローラをしっかりと見直す時期に来ています。

腸内フローラの善玉菌が腸の壁を守り栄養を吸収!免疫サポート機能も

口から取り込まれた食物が噛み砕かれて、胃液で溶かされて・・・

栄養はどんな風に吸収されている?

免疫細胞や抗体が腸で作られている仕組みを解説。

腸の中は「からだの外」です

ごはんをもぐもぐと咀嚼してごっくんと飲み込みます。

おなかがいい感じで膨れています。

ご飯はあなたのからだの中に入っていると思いますか?

入っている・・・

と思いますよね。

でも、実際は違うんです。

まだからだの中に入っていないんです。

実は、口の中から肛門までつながっている消化管は皮膚の仲間で、胃や腸の中は厳密には「からだの外」です。

食物は胃や腸で消化されドロドロになり他水化物なら糖分、たんぱく質ならアミノ酸など小さな分子に分解されて始めて、小腸などの壁を通して「体内」に取り込まれ、血液にのって全身にまわります。

人間の消化液では分解されない食物繊維や一部の多糖類などは腸内フローラが食べて分解し、作られた短鎖脂肪酸や糖分、ビタミンなどは人間がありがたく頂戴して体内に取り込まれ、分解しきれなかったカスや不要なものが、便となって出ていきます。

細胞1層だけの薄い腸管上皮

顔などの皮膚は真皮の上を角質層がしっかりおおって丈夫になっていますが、腸の皮(腸管上皮)は、腸管内のドロドロから栄養を吸収しやすいように、基本的には上皮細胞が1層だけの薄い皮になっています。

それだけでは弱いので、その表面はムチンと呼ばれる粘液で保護されています。

栄養などはこの粘液の層を通り、腸管上皮の細胞層を通って体内に入っていきます。

腸がいい状態であれば、十分に分解されていない大きな分子や悪玉菌はこの粘膜層で遮られてしまいます。

からだを守る免疫は腸にあった!

ここには栄養吸収のほかにもう一つ大きな役割があります。

からだを外的から守る免疫器官があります。

腸管のすぐ裏側(つまり体内側)に免疫を司る仕組みがあり、腸管の中を通っていく悪い菌やウイルスなどをセンサーしては、抗体を作ったり免疫細胞が敵を覚えたりしています。

実際、病原菌やがん細胞などをやっつける免疫細胞や抗体の3分の2以上が、腸のそばで作られています。

乳酸菌などの善玉菌はこの免疫システムを刺激して、免疫が正しく働くように助けてくれます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の働き!条件次第では・・・

腸内細菌

お腹の中膨大な数と種類のバクテリアがあいますが、無駄にたくさんいるのではなく、そこには意味があるものではないか、と考えられるようになってきました。

腸内フローラは最近やっと解明が進みつつあります。

でも、腸内フローラにいる細菌をからだの外で培養することは難しいです。。。

理由は、大半の菌が酸素に弱いから、です。

からだの外に取り出した途端に死んでしまいます。

今のところちょっとだけ取り出せる細菌があるので、その研究が進んでいるという程度ですが、それだけでも注目度合いは凄いでs.

一般的によく知られているのは、ヨーグルトにも使われている「善玉菌」「ビフィズス菌」「タクトバチルス菌」などです。

乳酸菌と呼ばれることも多いですが、乳酸菌という名前は狭義にはラクトバチルス属の乳酸をつくる仲間のことですが、一般的にはビフィズス菌も含まれています。

基本的にいい子の日和見菌ですが・・・

大腸菌と言えば・・・

昔のイメージがあるので、

O157

と答える人が多いのではないでしょうか?

ひとくに大腸菌といっても、じつはかなりの種類があり、多くはお腹の中でおとなしくしています。

むしろ人間のためには良いこともしている大腸菌も多いです。

ところが腸内のバランスが崩れると、悪いこともし始めます。

このようなバクテリアは、「日和見菌」と呼ばれています。

日和見菌とは

有名な善玉菌や悪玉菌とは違って、腸内フローラの一部です。
普段は、二元のためになる代謝を担っています。


それが増えたり感染したりすると病気を引き起こす「悪玉菌」もいますが、ある種類のバクテリアが腸にいないことで病気が引き起こされている、といいう例も見つかっています。

また、何をしているのかまだわからないものもたくさんあります。

わからないからといって全てが悪者、ではなく、何か意味があって存在している、と認識されるようになりました。

普段は、無駄で怠け者のような菌でも、いざというときは、しっかりと働くということは十分有り得そうです。

腸内に、多様なバクテリアを持つことの意味

これだけ種類も数もいる腸内のバクテリア。
その遺伝子のバラエティは、宿主の人間の150倍にも相当します。

それだけたくさんの遺伝子のストックがあれば、たとえば人間が新しい食物に遭遇したときに、人の消化液では消化できなくても腸内フローラの誰かが分解して人間が吸収できるようにしてくれるとか、新しい病原菌が来ても撃退できるなど、そういった可能性が広がることではないかと想像されています。

Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。