1. ホーム
  2. 腸内フローラ・腸内環境
  3. ≫腸内フローラを整えるのは、乳酸菌よりビフィズス菌の3つの理由

腸内フローラを整えるのは、乳酸菌よりビフィズス菌の3つの理由

Pocket

腸内フローラ

多くの不調の原因は実は「大腸」から来ている!?

という事実を知っていますか?

便秘、肥満、アレルギーや生活習慣病などの多くの健康トラブルが、実は、「大腸」の不調からきていることが、長年の研究でわかってきました。

大腸は不要な排出物をつくる重要な器官ですが、老廃物がたまりやすく、炎症をおこすと体全体の不調につながります。

今、注目されている「腸内フローラ」も、腸の中でも多くの悪玉菌がすんでいる「大腸」が主な舞台です。

そのため、大腸において腸内フローラを良好に保つことが体全体を良好に保つためのカギなのです。

大腸にいる善玉菌の主役はビフィズス菌

人間の腸

名称 ビフィズス菌 乳酸菌
大腸内での菌数 1兆個〜10兆個 1億個〜1,000億個
大腸でのビフィズス菌と乳酸菌の割合 99.9% 0.1%
つくりだすもの 乳酸+酢酸  乳酸

「腸内フローラには、乳酸菌よりビフィズス菌」が大切な3つの理由

99.9% vs 0.1%

腸内フローラの主な舞台である大腸で、炎症をおこす原因となる悪玉菌をやっつけるのが善玉菌。
実は大腸の善玉菌である、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌です。

あまり知られていないことですが、大腸の善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、悪玉菌をやっつけ、腸内フローラのバランスを良好に保つ大切な役割を果たしています。


ビフィズス菌 → 乳酸+酢酸

さらに注目すべきは数の差だけではなく、それぞれの菌がカラダの中でつくりだす成分です。

乳酸菌が「乳酸」をつくりだすのに対し、ビフィズス菌は「乳酸」に加え「酢酸」もつくりだします。

この「酢酸」が非常に重要で、より強い殺菌作用で悪玉菌をやっつけてくれます。


年齢と共にビフィズス菌は減ってしまう

ビフィズス菌は、生まれて間もないときからヒトの腸内に存在し、健康な赤ちゃんの腸内フローラの大半を占めています。

しかし年齢とともに腸内のビフィズス菌は減少していき、中高年〜老年期にかけて減少。

そして代わりに、健康に悪影響を及ぼすさまざまな悪玉菌が増えてしまいます。
そのため、悪玉菌を抑え、腸内フローラを良好にするためにも、ビフィズス菌をいかに大腸に多く保ちつづけるかが大切です。

ビフィズス菌のパイオニア「森永乳業」

森永乳業は、1971年に日本で初めてビフィズス菌の乳製品への応用に成功したビフィズス菌研究のパイオニア企業です。

長年の研究からいろいろな特徴をもった「ヒトのビフィズス菌」を発見してきました。

例えば、腸の調子を整えるなら「BB536」。

体脂肪を減らす「B-3」。

そして20年以上前から全国の医療機関に無償で提供されている、低出生体重児の発育を支える「M-16V」。

さまざまな健康の課題に、さまざまなビフィズス菌で答えを。

森永乳業は、ビフィズス菌で人々の健康に貢献していきます。

ビフィズス菌BB536が凄い理由

おならが臭い

1.排便回数の増加

ビフィズス菌BB536を含む食品の摂取により、排便回数が増加!

8.4回 → 9.6回

2.おならが臭くない!?

ビフィズス菌BB536を含む食品の摂取により、摂取前に比べて便中のアンモニア量が減少しました。

38.1 mol/g → 24.5 umol/g

森永乳業のビヒダスBB536の3つの特長

ビヒダスBB536

腸内環境を良好にするビフィズス菌BB536が150億個

ビヒダスBB536の中には、腸内環境を良好にするパワーが実証されているビフィズス菌BB536が入っています。

その数は、1日の目安分2カプセルに150億個です。
腸内環境から健やかな毎日を応援します。


胃酸に負けないカプセルが、ビフィズス菌BB536を生きたままお届け

もともと胃酸に強いビフィズス菌B536が、独自のカプセル技術により、さらにしっかり守られた状態で大腸まで届きます。

そして、腸内ではカプセルが溶けて善玉菌として働き、悪玉菌を追い出します。


小型カプセルで飲みやすい!

森永乳業では実験や改良を繰り返すことで、ビフィズス菌BB536を小型のカプセルに入れる技術を開発しました。

手軽に飲めます。

森永乳業ビヒダスBB536

Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。