1. ホーム
  2. 腸内フローラ・腸内環境
  3. ≫便秘が治ると痩せる?野菜がダメな理由、小麦を避ける理由など腸スッキリあれこれ

便秘が治ると痩せる?野菜がダメな理由、小麦を避ける理由など腸スッキリあれこれ

ダイエット

便秘が治ると痩せるの?

代謝がアップしてダイエット効果も期待できます

腸の動きが良くなると、栄養素が全身に行き渡り、血流も良くなるので代謝がアップします。

食事制限や運動でダイエットすると、なかなかヤセないことがありますが、そういう人の原因はここにあります。

腸内環境をしっかりと整えると、ストンっと体重が落ちる人がいます。

そもそも便秘の定義とは

便が腸に長時間とどまり、不快に感じること

3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態


これが便秘の定義です。

これは、あくまでも指標の一つです。
毎日定期的にあった排便の週間が大きく乱れたり、2回目の便までの間がかなり長かったり、不快に感じるとそれは、便秘と言えます。

野菜をたくさん食べているのに、便秘の人が注意すること

食物繊維

実は、便秘中に不溶性食物繊維を摂取するのは、NGです。

野菜をたくさん食べれば食物繊維が豊富なので、便秘が解消されるのでは?

と思っている人がかなりたくさんいます。

でも便秘中に食物繊維を多く摂取すると、逆に便秘が進むことも・・・

食物繊維には、実は2種類あります。

◯不溶性
◯水溶性

一般的に野菜などは、不溶性食物繊維の割合が多く、腸に便が溜まった状態でこの不溶性食物繊維を多くとると、消化されないので、他の消化吸収を妨げて、ますます便が出ないことにつながります。

便秘の人は、野菜ではなく、消化の良い炭水化物を摂ることが大切です。

便秘にオリーブオイルが良い理由とは

オリーブオイル

オリーブオイルなど毎日大さじ1杯

毎日大さじ1〜2杯程度のオイルを飲むと、便の滑りが良くなり、排便がスムーズになります。

せっかくなら、身体に良いオイルをオススメします。

現代人に不足しがちなオメガ3脂肪酸が豊富なごまオイルや、抗酸化作用の高いオレイン酸が豊富なオリーブオイルがオススメです。

料理と一緒に摂取するのが一番ラクです。

かなり頑固な便秘で10日間出ないことも。。。薬以外の方法は?

お腹が空いた時に、はちみつ入り牛乳を飲みましょう!

即効性を求めるならマンゴージュースかパパイヤジュース200mlに、小さじ1杯のはちみつを加えて、さらに牛乳100ml入れて毎日飲みましょう。

マンゴーやパパイヤに含まれる果糖、牛乳の乳糖がはちみつの二糖類に穏やかな下剤効果を促します。

飲むのは、起きた直後の一番空腹な時がオススメです。

でも、お腹が弱い人はダメですよ。

便秘で10日ぐらい出ない人しか飲んではいけません。

便秘改善の鉄板はヨーグルト?他にオススメの食材とは?

高カカオチョコレートに便秘改善効果が!

明治と帝京大学の共同研究で、高カカオチョコレートの継続摂取により便通改善効果があることが判明しています。

カカオに含まれるカカオプロテインには、便のカサを増したり、排便回数を増加させるなどの効果があるそうです。
研究では、カカオ分72%のチョコレートを使用しています。

カカオに含まれるタンニンには便秘予防効果も。

腸内環境を整えるための手軽にとれる食品は?

水溶性食物繊維や乳酸菌をふくむ 発酵食品がオススメ

腸内環境を整えるには、特に乳酸菌と水溶性食物繊維を摂取することが大切です。
腸内細菌を増やす働きのある乳酸菌は、ヨーグルトやキムチ、納豆、みそなどの発酵食品が手軽に摂取できる代表選手です。

水溶性食物繊維は便を柔らかくしたり、腸内細菌の餌になって腸内を整えてくれます。

水溶性食物繊維を豊富に含み手軽にとれる食品の観点、えん麦、らっきょ、アボガド、オクラなどを試してみましょう。

<水溶性食物繊維がたっぷり>

◯片手で飲めるゼリータイプの寒天
寒天由来のアガロオリゴ糖のほか、食物繊維、コラーゲンを配合したドリンク

◯日本人に合わせて加工されたオートミール
食物繊維の量は精白米の約20倍で、水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含みます。

◯丁寧な製法で作ったうまみと食感が魅力
宮崎県産のらっきょを塩漬けし、自然に乳酸発酵させてまみと食感をアップ。
こだわりの甘酢が染み込み、飽きの来ないおいしさです。


<ドリンクで整腸をサポート>

◯1本に300億個の乳酸菌入り!
生きたまま腸に到達する乳酸菌、シロタ株を1本に300億個含んだ乳製品乳酸飲料。

◯世界で認められたビフィズス菌配合
世界30カ国以上で利用され、生きて腸に届くビフィズス菌BB536を配合。

酸味を押さえたまろやかな味わいが菌を元気に保ちます。

◯整腸と脂肪の吸収を抑えるダブル効果
コーヒー豆マンノオリゴ糖が腸内環境を整え、脂肪の吸収を抑える。
水のようにクセのない味。

パスタやパンが好きですが、小麦を食べると便秘になるのですか?

パン小麦

小麦に含まれるグルテンが排泄の妨げになります

最近、小麦粉が含まれる食品を食べないグルテンフリーダイエットがブームです。
実は、小麦は便通にも大きな影響を与えます。

小麦に含まれるグルテンという成分が、腸内に残ってしまうため便を排泄しにくくなります。

便秘改善にはパンやパスタではなく、主食には消化の良いお米を食べるようにしましょう。

毎朝お通じがないのは、夕食の時間が関係?

夕食を早めに食べて8時間以上何も食べない時間を作りましょう!

小腸のぜん動運動は食事をしてから約8時間後に活発になります。

しかし、途中で何かを食べるとぜん動運動が中断し、食べたものが腸内でたまりやすくなります。

そのため便通を良くするには8時間以上何も食べない時間を作ることが大切です。

夕食をなるべく早めに食べ、翌日の朝食までは胃腸をカラにしましょう。

固くてコロコロした便を改善する方法は?

水

1日1.5リットルの水をこまめに飲みましょう。

便秘の原因で意外と多いのが、水分不足です。

スルっと気持ち良く出る便は約80%が水分です。
水分が不足すると、便が固くなりコロコロになります。

1日1.5リットルの水を最低飲みましょう。

1回200ml程度を朝起きた直後のほか、食間を中心にこまめに飲みましょう。
冷えも便秘になるので、水は常温がオススメです。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。