1. ホーム
  2. 腸内フローラ・腸内環境
  3. ≫花粉症・アトピー風邪、インフルエンザと腸内フローラとの関係が注目される理由

花粉症・アトピー風邪、インフルエンザと腸内フローラとの関係が注目される理由

アトピー性皮膚炎

花粉症・アトピー性皮膚炎・食物アレルギーなど

これらは、生まれつきのものと以前は考えられていましたが、今は違います。

腸内のバクテリアたちのバランスやその有無がアレルギー発症の鍵!?とも言われています。

バクテリアが作る短鎖脂肪酸もプラスに働く!?

異物を見つけてそれを除外してくれる大切な免疫システム。
けれども、それが消化管に入ってくる食べ物や花粉など肌にくっついたものにいちいち反応してしまうのが、やっかいな各種のアレルギー症状です。

食べ物のアレルギーの場合、一つには腸内フローラが荒れて腸壁の粘膜がはがれるような状態になっていると、食べたものが完全に消化されないうちに体内に入ってしまって引き起こされる、という説が有力です。

この時、普通は人間の腸にあるいろんなバクテリアがいないという観察報告があったり、普通とは違う菌種バランスになっているという報告があったり、何らかのバクテリアのあり方が関係してる、というところまではわかってきました。

また、腸内フローラが食物線維などを分解して作り出す短鎖脂肪酸が血中に多いとぜんそく症状が抑えられるという傾向も報告されています。

そして胃がんを引き起こす悪名高いピロリ菌というのがいますが、どうやらこのバクテリアを持っている人は、アトピーやぜんそくになりにくい傾向があるようです、という驚きの説もあるほどです。

まだまだ真意ははっきりしていませんが、バクテリアによる免疫システムのブレーキ機能効果によるもの、と言われています。

どのバクテリアが善玉、悪玉とはまだはっきりとは言えませんが、腸内フローラが関係しているのは、確立として高そうです。

風邪・インフルエンザなどの感染症と腸内フローラの関係

風邪

ある菌がいると、腸を守る粘液を作る細胞すら増える

腸内フローラのあり方が免疫システムに関係していることは、もちろん細菌やウイルスに感染して起こる風邪やインフルエンザ、急性の下痢など様々な感染症を防ぐ上でも、バクテリアたちが活躍しています。

まず、腸内フローラが良好な状態になっていると、腸の表面はぎっしりフローラで覆われていて、ふらっと口から入ってきた風来坊の病原菌やウイルスは取り付く島もないという状態になっています。

また、クロストリジウムという菌のある仲間が多いと、やはり腸の表面を覆ってバリアしているムチンという粘液を分泌する細胞すら増えるらしいということもわかってきました。

粘液が多ければ、悪い細菌が腸壁に食らいつきにくくすることができます。

発展途上国に旅行すると下痢をする人が多いのは、そこにいる菌に免疫がないのもありますが、きれいすぎる環境や社会全体が抗生物質の使い過ぎでフローラが弱まっていたりするせいのあるのかもしれません。

しかし、抗生物質を使わないといけない時ももちろんあります。

そういった時は、ヨーグルトの摂取量も合わせて増やしていきましょう。

抗生物質の影響でおこりがちな腹痛や下痢を軽減したり、服用をやめたあとでの腸内フローラの回復が早くなることが着たいできます。

自己免疫疾患は、腸内バクテリアの働きが弱まった結果

腸が悪い

からだのさまざまなな場所で炎症が起こるのが特徴の自己免疫疾患

  • 多発性硬化症
  • 橋本甲状腺炎
  • 関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデスなど

いわりゅる南房指定されているのも多いのが自己免疫疾患です。

潰瘍性大腸炎も免疫が関係しているとも言われています。

これは、名前からも分かる通り、免疫システムが自己を攻撃することによっておこることで、体のいろんなところで炎症が起き、組織が破壊されていきます。

自分の免疫が原因で、根本的な治療が難しいとされています。

自己免疫疾患でも、腸内フローラの研究がどのようになっていくのか、期待されています。

潰瘍性大腸炎も、きっかけは腸内フローラの劣化で粘液がはだけたところに細菌が感染しておきますが、免疫系がはりきりすぎて病原菌だけでなく、中おの組織まで食べてしまって起きているのでは?という説もあります。

諸刃の剣的な感じの免疫システム。

使いこなすときには、敵になるバクテリアのチカラが必要とはまた、不思議な話です。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。