1. ホーム
  2. 腸内フローラ・腸内環境
  3. ≫24時間働き続ける小腸は、実は脳よりも偉い!?

24時間働き続ける小腸は、実は脳よりも偉い!?

病気を防ぐ免疫細胞の6割は腸にある

食べ物とともに外部からさまざまな病原菌が侵入してくる小腸は、白血球(免疫細胞)が集結して外敵を防御する最前線です。

小腸の免疫の仕組み

小腸

腸管免疫が、体に有害なウィルスや病原菌の侵入を見張っています。

◯獲得免疫

・lgA抗体

病原菌やウイルスの侵入を阻止します

腸管粘膜の防御に必須となるのが、lgA(免疫グロブリンA)抗体です。

腸管腔や唾液腺、涙腺などで放出され、病原菌や病原ウイルスの侵入を抑える働きをします。

◯自然免疫

・マクロファージ

細菌や異物を「食べる」チカラが強い細胞

白血球の一種であるアメーバ状の細胞です。

「食べる力」が強く、細菌や異物を取り込み消化します。
同時に、細菌感染があれば最初にそれを食べ、感染があったことは他の細胞に伝える物質を作ります。

・樹状細胞

体内侵入の異物を監視し、感染を伝える

白血球の1種で、樹木の枝状に伸ばしたような形をした細胞です。

マクロファージと同様、侵入異物を監視し取り込み、他細胞に感染を知らせます。

「食べる」力はそれほど強くありません。

自然免疫を生かす食事内容とは

胃から運ばれてきた食べ物をさらに消化して分子レベルまで分解し、栄養素を吸収・消化する器官であるのが小腸です。

そこには、体に有害なウイルスや病原菌を防御する「腸管免疫」という強力なシステムが発達しています。

全身の免疫細胞のうち、実に60%が小腸の内壁に集中しています。
内壁には、たくさんの食べ物を取り込むために無数のヒダがあります。

その表面は、さらに絨毛と呼ばれる小さな突起で覆われていますが、これは内壁の表面積を広げ、栄養素を吸収しやすくするためです。

内壁は広げると、テニスコート1面分もあるとか。

絨毛と絨毛の愛大には、所々にパイエル板と呼ばれるくぼみがあり、まさに「税関」のような役割を果たしています。

外から耐えものや病原菌が入ってくると、パイエル板周辺にいる免疫細胞があるリンパ球が反応し、敵か味方かを瞬時に判断し他の細胞に伝えます。

その際、味方を自己、敵を非自己と呼びます。

自己とは自分の体の成分になる食べ物、非自己とは体のためにならない病原菌などです。

食べ物には、自己か非自己か曖昧なものが多く、時々誤作動を起こします。

それが、アレルギーです。

なにも本当は害がないのに、過剰に反応して、「おまえが犯人だろう」と攻撃してしまう。

税関にも、怪しいか怪しくないか、判別するために検閲官や警官を配備しなければいけませんが、これは小腸も同じです。

なんでも受けれると体が持たないため、異物かそうでないか、判別するために、腸管免疫システムが発達し、多くの免疫細胞が集まっています。

小腸の上皮細胞や樹状細胞には、間違って税関を通過して外部から侵入してきた病原菌などを認識するさまざまなレセプター(受容体)が働いています。

このレセプターが反応して抗菌物質を分泌することで、病原菌やウイルス感染を初期段階で防ぎます。

このシステムを、自然免疫、と呼びます。

さらに自然免疫が対処している間にリンパ球が強力してlgA抗体を作るのが、「獲得免疫」です。

獲得免疫は、より積極的に病原菌を捕まえ、病気から体を護ってくれます。

免疫細胞を活性化し、自然免疫を生かすうえでも食事の内容がとても重要です。

化学物質や薬なども自己か非自己かの判断がしづらいため、免疫システムの乱れを引き起こす原因となります。

免疫力が低下すると、感染症やアレルギー、自己免疫疾患などのリスクを招きます。

では、免疫システムを常に正常に保つためにはどうすれば良いのでしょうか?

そのためには、腸内フローラのバランスを整えることが大切です。

乳酸菌が大事、という事です。

ビフィズス菌を含む乳酸菌などの菌体成分は、自然細胞を活性化させる効果があることがわかっています。

その場合、生きた菌だけでなく、死んだ菌でも実は、効果は変わりません。

生きた菌を含む食品(プレバイオティクス)

乳酸菌サプリメントなど、生菌・死菌にか買わず腸内環境を整える効果のある食品

バイオジェニックス

<腸の免疫の3つ仕組みとは>

1.免疫細胞が一番多い場所は小腸

2.乳酸菌が腸の免疫システムを活性化する

3.腸管免疫システムを刺激すると、良い腸内フローラになる

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。