1. ホーム
  2. ≫善玉菌のチカラは効かない?効率的な飲み方と前兆のサインとは

善玉菌のチカラは効かない?効率的な飲み方と前兆のサインとは

善玉菌のチカラ

ねばり強さが違う特別な乳酸菌と言われる理由

フジッコが販売する乳酸菌サプリメント「善玉菌のチカラ」は、「スゴイ」チカラを凝縮し、ねばり強さを特徴に持ちます。

飲みやすい小さなカプセルタイプで、1日の目安量は1〜2粒です。

「3日目の朝ごはんの後に変化が・・」
「2日に1回は・・・」
「スムーズに出ます」

といった声があります。

善玉菌のチカラの特徴である「スゴイ」チカラは、フジッコ独自の乳酸菌「クレモリス菌FC株」によるものです。

フジッコが販売している大人気商品「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌です。

食べた事がある人はわかりますが、ちょっとねばり強さを感じます。

「クレモリス菌FC株」は、生きて大腸まで届き、健康のために働いてくれます。

クレモリス菌FC株とは

クレモリス乳酸菌

生きて大腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌です。
スッキリだけでなく、体全体の健康をサポートしてくれます。

フジッコでは、カスピ海ヨーグルトの研究を大学や研究機関と共同で行っています。
ヨーグルトだけでなく、他の方法でもクレモリス菌FC株をしっかりと腸に届けることができないか、と思い、研究開発を続け、粉末化に成功しました。

カプセル1粒の中に、約20億個異常の乳酸菌が凝縮されています。

善玉菌のチカラには、食物繊維・カルシウムも配合

私たちは、乳酸菌だけでなく、食物繊維やカルシウムも不足しがちです。
そこで、フジッコでは、乳酸菌の働きをサポートする、海藻生まれの食物繊維、アルギン酸カリウムを20mgプラスしています。

あと、カルシウムも70mg追加。

厳密な品質検査も実施しています。

フジッコ独自の乳酸菌「クレモリス菌FC株」を生きたまま粉末化

知られていないのですが、乳酸菌と一言で言っても、実はたくさんの種類があります。

また、私たちの腸の中にいる乳酸菌は、人それぞれ違います。

大切な事は、自分に合った乳酸菌を摂ること。

体に合わない乳酸菌をいくら摂っても意味がありません。
そのためには、飲んで実際に試すしかありません。

フジッコの善玉菌のチカラに入っているのは、クレモリス菌FC株です。

カスピ海ヨーグルトの中に含まれていたのですが、おおもとを辿るとヨーロッパの東部コーカサス地方になります。

ここは、100歳以上のお年寄りたちが元気に暮らす町です。

もともとこの地を訪れたある研究者が、現地の人々が毎日食べている自家製のヨーグルトに何か長寿の秘密が隠されているのではないか、と思って持ち帰って研究を始めた事からスタートします。

研究者とフジッコが共同研究をすることで、カスピ海ヨーグルトの種菌を製造することが可能になり、やがて、粉末化にも成功します。

クレモリス菌FC株は、かなりデリケートです。
培養・発酵には時間がかかり、圧力にも弱いため、すぐに死にます。

研究開発を繰り返し、やっとの苦労で高濃度の乳酸菌を生きたままカプセル化に成功しました。

凝縮されたのが、「善玉菌のチカラ」です。

あなたの体に合う乳酸菌なのか、お試しセットで気軽に試せます。

善玉菌のチカラの生みの親「フジッコ」の歴史

1960年神戸市東灘区に株式会社富士昆布を創業しました。
とろこ昆布「磯の雪」を発売したのが始まりです。

1970年代に佃煮の革命的商品「ふじっ子煮」を発売。
ふじっこのおまめさんシリーズでも有名です。

これが大ヒットしました。

1980年代には、おいしくて栄養豊富な黒豆の商品開発に着手。
フジッコの黒豆商品は、現在では十数種類発売されており、煮豆ではシェアNo.1と言われています。

約半世紀にわたり、日本人の食文化を支えてきたといっても過言ではありません。

伝統食品の良さを科学的に解明し、美味しさと健康に役立つ商品を提供する事業を続けています。

カスピ海ヨーグルトや、黒豆の有用成分を活用した健康食品を開発するなど、「健康長寿に貢献できる企業」を目指して、常に挑戦し続けています。

1960年代
株式会社富士昆布を創業
第一号商品とろろこんぶ「磯の雪」を発売
1971年
ふじっ子煮
開発成功
1976年 「おまめさん」を開発
1987年
「つけもの百選」発売
テレビCMでブーム
1993年
ナタデココの自社生産を開始
ナタデココブームに
2002年
カスピ海ヨーグルト
種菌生産開始
2007年  「善玉菌のチカラ」発売

 

減り続ける善玉菌を日々補う2つの理由

加齢や食事のバランスなどで善玉菌は減っていきます。

幼児期は、95%以上あると言われていますが、

これが、成人期になると

10%以下

60歳をすぎると

1%未満

となります。


善玉菌は毎日摂り続けることが大切です。

腸内の善玉菌は毎日ウンチと一緒に出ていきます。

ウンチは約80%が水分で、残りの20%は、

◯3分の1が腸内常在菌
◯3分の1が食べかす
◯3分の1がはがれた腸粘膜です。

だからこそ、毎日補い続けることが大切です。

善玉菌のチカラからの前兆サインとは

前兆

腸内で活躍する善玉菌の様子は、いろんなサインとなって表れてきます。

  • おなかが張る
  • ゴロゴロ鳴る
  • おならが出る

毎日こういったことがお腹から出てこないかしっかりと認識しましょう。

◯おなかが張る
時々おなかが張ってくるのは、善玉菌が活躍しているサインです。

◯ゴロゴロ鳴る
ゴロゴロ鳴るのは、善玉菌のおかげで大腸の働きが活発な証拠です。

◯おならが出る
最初は気になりますが、善玉菌が元気に働いているサインです。

善玉菌のチカラ、効率が良い飲み方

効率的な飲み方

1日に飲む粒数と時間帯を決める

乳酸菌は、毎日うんちから出ていきますので、毎日補う必要があります。

ペースを掴むため、最初の30日間は、最初に決めた粒数と飲む時間帯を変えずに、根気良く変化を待ちましょう。

善玉菌のチカラには、「飲み忘れ防止チェックシート」が入っています。

飲み忘れ防止シート

活用して、飲み忘れを防止しながら、便通の頻度、うんちの状態もチェックしましょう。


最初の30日間は同じ方法で続ける

腸はとってもデリケートです。
食べたもの、食べた時間、環境の変化などによっても微妙に状態が変わります。

最初1日1粒から始めた倍は、すぐに効果があらわれなくても、少し長い目で変化を待ちましょう。

がんこな方は、朝晩1粒ずつ毎日2粒から飲み始めて、変化が出てきたら1粒に減らしましょう。

兆し!を見逃してはいけません。

■ゴロゴロし始めた
■張りがある
■ガスが増えた

などの変化に気づきましょう。


30日間変化がなければ、飲み方、粒数を変えてみましょう

善玉菌のチカラを30日試したけど、何も変化を感じなかった、という人も当然います。

でも嬉しい兆しは、もうすぐのはずです。

少し飲み方を変えもう一度30日ほど様子を見ましょう。

朝食後や昼食後に飲んでいる
→夕食後や就寝前に変えてみる

夕食後に飲んでいる
→朝食後に変えてみる

朝と晩1粒ずつ飲んでいる
→2粒まとめて飲んでみる

朝2粒飲んでいる
→就寝前に2粒飲んでみる

善玉菌のチカラを飲んでいる人がやっていること

善玉菌のチカラを飲んで9ヶ月

◯毎朝欠かさず運動する

毎朝5時に起きて、近くの神社でラジオ体操するのが夫婦の日課です。

神社へ続く階段は、163段・・・
それが健康のバロメーターにもなっています。

◯毎日たっぷりの野菜をとる

奥さんに毎日野菜たっぷりの手料理を作ってもらって、しっかりと食物繊維を補っています。

善玉菌のチカラを飲んだ4人の本音口コミ

44歳 女性 横浜市 愛飲歴:2年5ヶ月

不自然なものには頼りたくない

今まで、色々と試してきましたが、根本的な解決にはなりませんでした。
でも、不自然なものには頼りたくないし何か良い方法はないかと思っていた時に見つけたのが「善玉菌のチカラ」でした。

始めて1ヶ月、以前に比べて楽にスッキリできるようになって、「私に合っているんだ」と感じました。

私にとってお守りみたいな存在です。

私の飲み方は、寄る寝る前に1粒。

始めた頃は、「薬みたいに粒数を増やしていかないと、そのうちスッキリしなくなるのでは・・・」と少し不安でしたが、ずっと1粒で調子がいいんですよね。

それに、ヨーグルト由来の乳酸菌だから安心して続けられます。

旅行へも必ず持っていきます。

旅行中は美味しい料理を安心していっぱい食べられるようになりました。

今では、私のお守りみたいな存在ですね。

73歳 男性 71歳 女性 岡山市 愛飲歴:9ヶ月

ヨーグルトの量を減らして「善玉菌のチカラ」を飲んでいます。

もともと「カスピ海ヨーグルト」を毎朝食べるのを習慣にしていました。

ただ、佐藤やジャムをかけるし、量もたくさん食べるので、カロリーと糖分が気になっていたんです。

「善玉菌のチカラ」と出会ってからは、ヨーグルトの量をティーカップ1杯ほどに減らし、その代わりに「善玉菌のチカラ」を朝1粒飲んで乳酸菌を補っています。

これからもお互い元気で過ごしたい

趣味は旅行で、年に1回は長期で海外へも旅行しています。

これまでキューバやジャマイカ、イタリアなどへ行きました。
夫婦で楽しく旅行するためにも、お互い元気でいることが大切だと思っているんですよ。

68歳 男性 横浜市 愛飲歴:1年5ヶ月

ついに出会えた私にぴったりの飲み方

最初は、朝と昼に1粒ずつ飲んでいました。
始めて3ヶ月くらいは正直あまり実感がありませんでした。

フジッコさんに電話相談をしたら、

「飲み方を変えてみましょう」

とアドバイスを受けて、飲み方を朝と夜に変えたんです。

4ヶ月目のある日突然、朝スッキリするようになったんdせう。

今では朝と夜に「善玉菌のチカラ」、朝に「カスピ海ヨーグルト」の両方を続けています。

旅行中もこの子が一緒だと安心

以前と違って旅行に行く時には、必ずこの子を持っていくからすごく安心なんです。
最近は旅行先では朝と昼、自宅では朝と夜というように自分のリズムに合わせて飲み方を変えていきますね。

これからも旅行へ行くのが楽しみなので、「善玉菌のチカラ」に巡り会えて本当によかったなと思っています。

55歳 女性 広島市 愛飲歴:1年3ヶ月

飲み忘れたら、翌日は「産みの苦しみ」です。

夕食後に1粒を欠かさず飲むようにしていますが、おかげさまで毎朝スッキリして気持ちよく1日をスタートできています。

ただ、それが当たり前になってくると時々さぼり気味になって、飲み忘れてしまうことがあるんです。

そうすると翌朝は「産みの苦しみ」ですね。。。

そうならないためにも毎日きちんと飲むように気をつけています。

会うべくして会ったいい連れです。

旅先には、ケースに入れて必ず持ってきますよ。
小さいから荷物にもならないし。

スッキリしていると、姿勢もシャンとしていられるし、食事もうまいし、いろんなことがいい方向につながっているなと感じます。

「善玉菌のチカラ」は会うべくして会ったいい連れですね。

善玉菌のチカラの口コミを見る

シェアをお願いします。